読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『SING/シング』(日本語吹き替え版)がめっちゃ良かった

ミュージカルアニメ映画『SING/シング』を観てきました。

 

f:id:Shota_output:20170404172737j:plain

経営難の劇場を立て直すため、支配人(支配コアラ?)のバスター・ムーンが歌のオーディションを決行するとことから騒動が巻き起こっていきます。劇中では60曲を超えるヒット曲が登場し、音楽のエネルギーがダイレクトに伝わってきました。

 

シングのおすすめポイントや感じられたメッセージをまとめたいと思います。

 

大橋卓弥MISIAなど吹き替え版のキャストが豪華

 

ギャングの息子だが繊細な心の持ち主であるゴリラのジョニー役でスキマスイッチ大橋卓弥さん、恥ずかしがり屋な性格で歌の才能をなかなか発揮できないゾウのミーナ役でMISIAさんなど、日本語吹き替え版のキャストがとっても豪華です。ハリネズミのアッシュ役長澤まさみさんの熱唱も要チェック。

 

お気に入りはジョニーですね。ゴリラのギャングという外見と繊細な歌声のギャップ最高!

 

劇場の優れた音響設備のお陰で、まるで自分が本当にコンサート会場にいて生歌を聴いているかのような感動が味わえました。鳥肌立ちっぱなしです!この映画は映画館で観ないともったいないです。

 

 


『SING/シング』スキマスイッチ大橋さんが歌う、サム・スミスの♪「ステイ・ウィズ・ミー」

 


『SING/シング』MISIAの歌唱シーン


3.17(金)公開『SING/シング』長澤まさみが歌う「セット・イット・オール・フリー」

 

・誰もが自分を認めてほしい、自分を表現したい

 

承認欲求といいますか、自分を見てほしいという欲求は誰にでもあるものです。この映画に登場するキャラクターも皆、自分の才能を発揮して自己表現したい、そして認められたいという欲求を持っています。でも様々なしがらみの中で、そんな気持ちにフタをして毎日を生きている。本当は好きなことを思いっきりやりたいけれど、生きるためには仕方ない。そうして半ば諦めの気持ちの中、うまくいかない毎日を懸命に生きている。そこに今の自分を重ねる人は多いと思いますし、そこがこの映画の肝でもあります。

 

そんな中、ムーンが企画した歌のオーディションの知らせが舞い込むのです。

 

 

 

・しがらみをShake It Off して、ステージに上がろう

 

 

オーディションが始まっても、みんなまだそれぞれのしがらみに囚われています。家族との関係、高いプライド、失恋、そして恐怖...

 でも仲間と励まし合いながら困難を乗り越えるうちに、それらを振り払う勇気と自分の可能性を信じる力を得ていくのです。

 

クライマックスのショーの初っ端にテイラー・スウィフトの”Shake It Off"をグンターとロジータが歌ったとき、夢を諦めさせる足枷をみんなが振り払った(shake it offした)象徴のように感じました。

 

 心からやりたい事があるなら、言い訳を並べる前に、どうせ自分なんかとため息をつく前に、あらゆる足枷をShake It Off してステージに上がろう!そしてあなたの声で、あなただけの歌を歌って(SING)!

 

そんなポジティブなメッセージを、音楽の大きなパワーとともに受け取る事ができる素敵な映画でした。

 

字幕版も観たくなるからこういう映画はずるいなーー

 


映画『SING/シング』 吹替版特別予告編

 

 

 

阪大生命機能 春の学校2017に参加しました!

2017年3月16、17日と、一泊二日で大阪大学大学院生命機能研究科春の学校2017に参加してきました。
 

大阪大学大学院生命機能研究科では、今年で5回目となる春の学校を開催いたします。全国から集まった50名の学部生と、当研究科の教員や大学院生が一堂に会し、日常から解き放たれた空間で、サイエンスや研究生活についてフランクに語り合う交流会です。開催のきっかけは、当研究科の最大の特徴である、理・医・工・薬などさまざまなバックグランドをもつ研究者が集まっている世界的にもユニークな研究環境を、若い学部学生にもっとよく知ってもらい、サイエンスに親しんでもらいたいと考えたことです。これまで、のべ200人あまりの学部生が参加。有意義で楽しい時間を過ごし、大盛況となっております。

大阪大学大学院生命機能研究科 春の学校2017ホームページより)

 

 
大まかなプログラムは次のとおりです。
1日目
・みのお山荘にて集合し昼食を食べながら自己紹介
・研究室紹介
・討論のセッション2つ
・夕食を挟んで、お酒を飲みながらエンドレスで自由に議論
 
2日目
・朝食後、阪大吹田キャンパスに移動
・生命機能研究科の研究室で各自行きたいところを訪問
 
参加費は5000円。
 
今回参加していた学生は近畿の3年生が多かったですが、1年生の方、北海道や九州から来た方もいらっしゃいました。
 
 
まずびっくりしたのが旅館が豪華!!
今回このイベントで宿泊したのはみのお山荘風の杜という宿泊施設です。
 
お部屋から大阪平野を一望!
 
 f:id:Shota_output:20170323193852j:image
f:id:Shota_output:20170323193851j:image
 
この景色を眺めながら露天風呂にも入れます。お食事も美味しい。
ここに5000円で泊まれるだけでもお得感あります!
 
 
先生方は間違いなく一流の研究者ばかりです。どれくらいすごい方々かというと、もうちょっとでノーベル賞を取っていたかもしれなかった先生だけでも少なくともお二人。天皇陛下のお食事会にお呼ばれした先生も。でも権威的なものなんかに媚びてたらおもろい研究なんてできませんわ!! と言わんばかりで、威張っている先生なんて一人もいらっしゃいませんでした。大阪という土地柄なのかどの先生も喋りが本当に上手で面白い!!そして率直に学生と接してくださり、ざっくばらんに本音で語り合うことができました。
 
夕食後の自由な討論会では、テーマの決め方など真面目な話から先生の裏話まで、白熱したトークは明け方にまで及びました。3時や4時まで結構多くの先生が起きていらっしゃったのには本気を感じました。他の学生とも交流でき、自然発生的にできたグループで研究の話そっちのけで3時まで恋愛トークをしていたのはいい思い出です(笑)
 
2日目の研究室訪問では3つの研究室を回りました。生きている細胞の特定のタンパク質を光らせてその様子を特殊な顕微鏡で観察したり、脳に電極を刺したマウスを走らせて脳の神経活動をリアルタイムで測定する装置を見たりと貴重な体験でした。先生と一対一で何時間にも渡ってお話できたのも良い経験。寝不足と二日酔いでフラフラでしたが頑張っていろいろ回ってよかったなー!
 
それと、やっぱり阪大は大きいですね。研究室訪問して最初に思ったのは
 
「研究室広っ!!」
 
でした(笑)このあたりの規模感は研究費ランキングの数字を見るより実際に足を運ぶ方が100倍わかりやすいですね。
 
 
 
 
学んだこと
このような意識の高い場でも「まだ2年生なのにそこまで将来のことを考えていて偉いね」とは言われます。でもその段階はもう卒業しないといけない。第一線の研究者と学問的に中身のある議論ができるだけの勉強が全くできていないことを痛感しました。きちんと勉強もしていないのにテーマが決まらないのは当たり前。じゃあどうやって勉強したらいいのかというと、やっぱり教科書を自分で読むことなんですよね。面白いな、で終わらずにその分野の教科書を読んでみる。もちろん挫折もあるでしょうが、そこで読み通せるならそれは自分に向いている分野と言えるかもしれない。このようなアドバイスを直接先生に頂けたのは大きな収穫です。
 
全体として、研究者という自分の目標に進んでいくための大きなエネルギーを頂けたイベントでした。身の回りで学部生のうちから研究者を目指すと決めている人はあまりいないので、このような場はとてもありがたかったです。「おもろい」議論がもっとできるように勉強して、機会があればまた来年も行きたいなと思います。

ノーベル賞の取り方がわかった!? 『私の脳科学講義』 利根川進 著

利根川進先生は抗体の多様性の謎を解明し、1987年日本で最初のノーベル生理学・医学賞受賞者となりました。その後は脳科学研究の道へと進んだことは、この本で初めて知りました。現在は理化学研究所脳科学総合研究センターのセンター長でいらっしゃいます。

 

タイトルは『脳科学講義』となっていますが、著者の研究人生の歩みや考え方がよくわかる本でした。

 

 

この本から学んだこと

 

 

利根川先生がポスドク時代、自ら弟子入り志願したソーク研究所のダルベッコ博士は、1975年、がんウイルス遺伝子の研究でノーベル生理学医学賞を受賞しました。さらに、ダルベッコ博士の薫陶を受けた大学院生、ポスドクの中から、利根川先生を含めて4人のノーベル生理学医学賞受賞者が出ています。

 

ダルベッコ博士はかつて、1969年にノーベル生理学医学賞を受賞したサルバドール・ルリア博士の研究室のポスドクのでした。DNA二重らせん構造の解明で有名なジェームズ・ワトソン博士もルリア研究室の大学院生であったので、ダルベッコ博士とワトソン博士は兄弟弟子の関係になります。さらには、ポール・バーグ博士はダルベッコ研究室で行った研究がもとになってノーベル化学賞を1980年に受賞しました。

 

ルリア博士から数えて三代の間に7人のノーベル賞受賞者が輩出されたことになります。

 

このように、事実として極めて高密度にノーベル賞受賞者を輩出する系譜や集団が存在するのです。どのような先生に教わるかというのが研究人生に及ぼす影響の大きさを示唆する話ですね。ノーベル賞を取るにはノーベル賞受賞者の弟子になればいい、というわけです。(厳密には、ダルベッコ博士は利根川先生が研究室を去った4年後にノーベル賞を受賞しているので、「もうすぐノーベル賞を取りそうな人」の弟子になればいいという感じでしょうか。)

 

  • M先生の考え方は利根川進
    以前、大学でとある先生と出会ってこんな記事を書きました。実はこのとき紹介していただいた本のうちの1冊が『私の脳科学講義』でした。

     

    shota-output.hatenablog.com

     

     

    M先生は研究テーマを決める勇気の大切さを説いてくださいましたが、これは利根川進と全く同じ考え方なのです。

     

    「まず自分が一番おもしろいと思う分野を決めなさい。次に、世界を見てその分野で研究するなら誰とするのが一番いいのかを考える。そして、その人と物理的に近づく努力をする。できればその人に気に入ってもらう。」というのが利根川先生の若い学生へのアドバイスです。

     

 

  • もともと免疫学を研究するつもりはなかった

 

研究者あるあるなのですが、やはり利根川先生ももともと免疫学を研究するつもりは全くなかったわけです。

 

利根川先生はもともと京都大学工学部化学科のご卒業です。学生時代に分子生物学者になる決心を固め渡米。ある時先述のダルベッコ博士から免疫学に進まないかと勧められますが、免疫学なんて全く興味が無い。論文を読んでもてんでわからない。分子生物学者で免疫学に取り組んでいる人なんていない。それでもダルベッコ博士があまり熱心に勧めるので、先生の「大局観」を信じて免疫学の世界に飛ぶこむことを決めました。

 

その結果、分子生物学で培った思考法と研究手法を免疫学に応用し、「神の秘密」とさえ呼ばれていた謎を解明したというわけです。

 

テーマを決める勇気、一流の人に自らアプローチする勇気、そして全く違う分野に飛び込む勇気。戦略という名の必然も、出会いという名の偶然も、行動する勇気が引き寄せているのですね。

 

 

 

やっぱ研究者の人生ってどれもこれも面白いなー!

 

 

 

 

『理工系&バイオ系 失敗しない大学院進学ガイド 偏差値にだまされない大学院選び』NPO法人サイエンス・コミュニケーション 日本評論社 編著

f:id:Shota_output:20170301202121j:plain

 

大学院ってどんなところ?修士と博士の違いは?学位を取るのは大変?大学院卒業後のキャリアはどうなる?などなど、様々な疑問に答えてくれます。アカハラを受けたときの対処法や各大学院のデータ比較まであります。

大学院についてぼんやりとしかわかっていない学部生は多いと思います。僕ももちろんそのひとり。この本に目を通して興味のある項目だけでも読んでみると、大学院への理解がかなり深まると思いますよ。

 

この本から学んだこと

  • 純粋に研究者になることを目指す博士タイプ進学での研究室選びは、どれだけ研究室を自分の目で見てきたかが大事。学部生のうちから体当たりで研究室訪問をするべき。

 

学部生のうちは勉強不足でも許されます。興味のある研究室にはアポを取ってどんどん足を運ぶ積極性が大事。研究室にお邪魔するのは結構緊張しますが、他では得られない収穫があるものです。

 

でもそのためにはやっぱりやりたい研究を決める必要があります。やりたいことが決まらない学生は学会に行ってみるのがお勧めだそうです。

 

 

  • 学振」とは、大学院生にとって極めて割の良い給料

 

大学院生中心のセミナーに参加したとき、学振の話題になった事があります。その時は「ガクシン」が何なのかわかりませんでしたが、本書で詳しく解説されていました。

 

学振とは日本学術振興会特別研究員の略で、DC1、DC2、PDなどの区分に分かれています。採用されると、例えばDC1、DC2(博士課程在籍の大学院生対象)なら月額20万円と最大150万円の研究費が支給されます。狭き門ですが、この本には採用されるための戦略などかなり突っ込んだことまで書いてあり驚きです。

 

 

  • 岡大の博士教育は結構頑張っている。

 

「第10章 学生の視点からみた大学院ランキング」によると、僕の所属している岡山大学は地方国立大としてはかなり健闘していることがわかります。

 

2007年のデータになるので10年前のものにはなりますが、岡山大学大学院生総数ランキングで19位(2530人)、課程博士取得数13位(230人)となっています。東大を筆頭とする旧帝大勢には及びませんが、地方国立大としてはトップクラスです。

 

さらには博士課程在籍者がどれだけ学位を取得するかを表す課程博士取得見込み率(注1)では山口大についで全国2位93.6%となっており、「地方国立大学の中に博士課程教育を充実させている『隠れた実力大』があるようだ。」と結論づけられています。

 

(注1)課程博士号取得見込み率=(単年度当たりの課程博士号取得者数×3)÷博士課程在籍者数

 

 

先日書いた「まず研究分野を決めよ」というM先生のお言葉はまだ実行できていません。一生を捧げる研究分野を決めるって、相当大変です。学会要旨なども参考に、面白そうな分野を探して学会に行ってみることから始めたいと思います。

 

shota-output.hatenablog.com

 

 

 

『絶対!うまくなる 合唱 100のコツ』田中信昭 著

 

f:id:Shota_output:20170223144947j:plain

合唱界では大家として知られる著者の、圧倒的な経験に基づいたあたたかいアドバイスが身にしみる一冊。

 

僕は大学で部活として合唱をやっています。合唱初心者として、必要な身体機能を高めるための具体的なもアドバイスはとても役立ちました。

 

僕の所属する団の練習でも、よく「お尻を締めろ」「下半身に力を入れて立て」と言われます。この本の立ち方のヒント②にあるように太ももの内側を少し正面に向けるように開くと自然にお尻が締まり、安定するようになりました。

 

横隔膜を鍛えるため、うがいを30〜40秒続ける呼吸法トレーニングもよく実践しています。

 

その他、アンサンブル技術を磨くための練習方法や合唱団員としての心構え、良い演奏会を行うためのアドバイス、さらには合唱の歴史まで載っています。合唱をしている人には一読の価値あり!自分の問題意識に応じて、上達のためのアンサーが必ず得られると思います。

 

 

 

大の運動嫌いがとりあえず10km走ってみた〜矢掛本陣マラソン全国大会 10kmの部〜

僕は大の運動嫌いです。部活もずっと文化系。でも仕事って体力勝負なところがあると言う大人は多い。なんとか体力を付けねば...ランニングなら自分のペースでできるだろうとランニングシューズを購入するも、「気が向いたら走ろう」では全然走らない自分がいました。


そこで、2017年度中にフルマラソンを完走する!と一念発起して1月から少しずつトレーニングしています。


自分の意志だけだと絶対挫折すると思ったので、マラソン大会にエントリーしてお金も払ってしまうことで退路を断つ作戦。そこで2017年2月19日(日)第29回矢掛本陣マラソン全国大会10kmの部に参加してみました。


矢掛(やかげ)町は倉敷市の西方にあり、岡山駅からは電車で1時間ほどです。江戸時代に旧山陽道の宿場町として栄え、歴史を感じる町並みが特徴です。

f:id:Shota_output:20170221153926j:plain

趣のある駅舎ですね。

 

選手受付、スタート、ゴールは矢掛町総合運動公園。屋台も出て賑わっていました。

 

 


こちらはハーフマラソンの部のスタートの様子。風は冷たいですが太陽がポカポカと暖かく、絶好のマラソン日和でした。

f:id:Shota_output:20170221154007j:plain

 

10kmの部スタート直前。マラソン大会初参加なので少し緊張...

f:id:Shota_output:20170221154115j:plain

 

 

 

いよいよスタート!完走が目標なので6分30秒/kmくらいでのんびり走りました。これでも練習より少し早いくらいです。

 

ひたすら田舎道を走ります。(以後走りながら撮ったので画質は大目に見てください)

f:id:Shota_output:20170221154342j:plain

↑奥に見える高架は井原鉄道井原線です

 

のどかな風景

f:id:Shota_output:20170221154503j:plain


順調に5km地点まで来ました。いや何もねえ!でも空気が爽やかでおいしい。

f:id:Shota_output:20170221154541j:plain

 

 

6kmを過ぎ、意外にいけそうと思ったので6分/kmくらいにペースアップ。

 

 


あっという間に終盤8km付近。風情のある街道沿いを走ると、沿道の声援があたたかい。町全体で応援してくださっている感じがしました。

f:id:Shota_output:20170221154643p:plain

 

 


さあラストスパート!せっかくなんで出し切ろうとさらにペースアップ。でもこのコース、最後の最後で急坂が待ち構えているんですよね

f:id:Shota_output:20170221154802j:plain

 

 

 

最後の坂を乗り越えて

 

 

 

 

 

ゴール!!無事完走しました。

f:id:Shota_output:20170221162307j:image

 

 


結論:走ってみたら意外といけた

 

 

かくして10キロという数字にビビっていた時代は終わりました。でもフルマラソンはこれの4倍以上か~~

 

ひとまず最初のステップをクリアできたので、次はハーフマラソンに挑戦したいと思います。

 

P.S.

走りながらこれだけ撮れるってiPhone7の手ブレ補正すごいな!!!

やりたいことを「決める」勇気

教養の講義で出会ったとある先生の研究室を訪ねた。以後、この先生をM先生と呼ぶ。

 

M先生と一対一で向き合った1時間半は僕の人生を変えた。そこで得た気づきのなかからいくつかをブログに書いていこうと思う。

 

僕は研究者になりたいと思っているが、どんな分野を研究したいのがよくわからないでいた。

 

僕はM先生に尋ねた。

 

「あと2年間(僕は今大学2年生が終わろうとしているところなので、卒業まであと2年だ)の間にやりたいことが見つからなかったら、先に進むよりもまずやりたいことを徹底的に探すべきでしょうか?」

 

僕がそう言い終わらないうちに、先生ははっきり言った。

「『見つからなかったら』というのがまずおかしい。やりたいことは今日決めるんだよ。君は決める勇気がないだけだ。何にでもなれる自分でいたいだけだ。」

 

自分の中で、探していたパズルのピースがはまったような、カチッという音がした。

 

 『嫌われる勇気』と言う本に、「あなたは変われないのではなく、変わらないことを選び続けているだけだ」という言葉が出てくる。しかし僕は先生に指摘されるまで、自分がまさにその状態にあると自覚できていなかった。


 

可能性の世界に生きてはいけないのだ。勇気がある人は、臆病者が「たられば」で将来を語っている間にも、具体的な一歩を踏み出している。僕が本当に研究者を目指すならば、自分の戦うフィールドを早く決めなければならない。そうでないと、具体的な一歩を踏み出すことはできないからだ。

 

 

 

 

 自分探しという言葉がある。でも自分を探している間にも、ライバルは前へ進んでいる。やりたいことは探すのではなく決めるのだ。勇気を持って。